【イベント情報】IMS Japan Conference 2021 の開催について(2021/09/09-11、オンライン)

2021年9月9日(木)-11日(土)日本IMS協会の年次大会である、IMS Japan Conference 2021をオンライン開催いたします。一部会員限定のセッションもありますが、多くは無料で一般公開しています。開催当日の登録も可能です。前もって登録しないと、セッション会議室のURLを取得できませんので、ご注意ください。

IMS Japan Conference 2021 案内/登録ページ

New Education Expo 2021 にてパネル討論(2021/06/04、東京;2021/06/11大阪)

New Education Expo 2021は、会場参加とオンライン参加を組み合わせたハイブリッド開催になりました。東京・大阪ともに同じ内容です。

GIGAスクール構想での「個別最適な学び」を後押しする国際技術標準

  • (一社)日本IMS協会理事長白井 克彦氏
  • 文部科学省 大臣官房 文部科学戦略官/総合教育政策局 教育DX推進室長桐生 崇氏
  • 鳴門教育大学 大学院教授藤村 裕一氏
  • (一社)日本IMS協会理事/放送大学教授山田 恒夫氏
  • (株)デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所シニア・フェロー秦 隆博氏
  • (一社)日本IMS協会 LTI部会主査/(株)内田洋行畠田 浩史

AAOU 2021 Annual Conference (2021/06/01-03、スリランカ公開大学・オンライン)で発表

2021年6月1-3日、ハイブリッドで開催されたAAOU 2021 Annual Conferenceに参加し、“Digital Badge as an e-Certificate of Informal Education Program: A Case Study at Open University of Japan”の題目で、放送大学AOBAシステムのデジタルバッジ実証実験の結果を報告しました(岡田光正名誉教授、伏見清香教授、樋口徹・元総合戦略企画室室長補佐、斎藤賢・元インターネット配信公開講座係長との共著)。本大会は、スリランカ公開大学の主催で、2020年に開催予定だったものが延期になっていたものです。

参考ページ:放送大学国際交流取り組みのページ

【イベント情報】国際ボランティア学会・共話シリーズ 第一回セミナー「陸前高田市庁舎も病院も流された!」

※ 同学会会長 中村安秀先生からのご案内です。

東日本大震災が起きてから10年目の年を迎えています。国際ボランティア学会では、東日本大震災が起きたときにまだ小学生だった学生も気軽に参加でき、共に話せるような連続セミナーを企画しました。

また、国際ボランティア学会の企画ですが、学会員でなくても、どなたでも参加できます。入場無料です。
○日時:5月22日(土)14:00~16:00
○参加方法:zoom(申し込み完了後、当日までにzoomのURLを送付致します。)

○登壇者:岩手県立高田病院副院長:大木智春
NPOきらりんきっず:伊藤昌子
元NPO・HANDS:西原三佳
近畿大学:元ユニセフ:安田直史
○企画:中村安秀:日本WHO協会、国際ボランティア学会会長
○ファシリテーター:中村安秀(日本WHO協会)飛田ほのか(名桜大学学生)

〇詳細:http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632136&c=1050&d=90cb
〇参加の申し込みは、以下のフォームに必要事項をご記入ください。
http://a02.hm-f.jp/cc.php?t=M632137&c=1050&d=90cb

〇(企画者からのメッセージ)
2011年3月11日、陸前高田市は、市庁舎も県立高田病院も津波の直撃を受けました。
被災前の人口24,246 人に対し 1,757 人(行方不明者を含む)が犠牲になったといわれています(2014年陸前高田市東日本大震災検証報告書)。私も含めて多くの国際ボランティアの経験者たちが、いてもたってもいられずに陸前高田に駆けつけました。そこには、多くの出会いと学びがありました。災害時のボランティア活動とは、災害がなければお互いに知り合うこともなかったはずの貴重な協働の物語でもありました。あのとき、何を思ったのですか? そして、いまは、何を感じていますか? いまだからこそ、いえることがあれば教えてほしい。
10年前に世界が震撼した大きな地震と津波があったことを共に話しましょう。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

大学職員論叢(大学基準協会)に寄稿(2021/03/31)

公益財団法人大学基準協会発行の「大学職員論叢」に下記の論文を寄稿しました。

山田恒夫(2021.3).  Covid-19パンデミックの先に見えてきたSociety 5.0 におけるICT 教育利用:個別最適化された学びと学習デジタルエコシステム.大学職員論叢(大学基準協会)、第9号、43-50. (寄稿・閲読有)

大学職員論叢 第9号

CASE研究会第1回例会に参加・発表(2021/03/30、オンライン)

2021年3月30日(火)10:00-12:30オンラインで開催された、CASE研究会第1回例会に参加し発表をおこないました。IMS CASE (Competencies and Academic Standards Exchange)は学習目標や評価基準(評価ルーブリック)に関する技術標準です。CASEで扱う学習目標や評価基準(ルーブリック)に関する情報は、カリキュラム標準や、シラバス、スキル標準の記載ばかりでなく、学習履歴データ(Caliper Analytics)、デジタルクレデンシャル(Open Badge version 2、Comprehensive Learner Records)、コンテンツ流通(Common Cartridge、LTI Resource Search)などでも必要とされ、わが国の学習デジタルエコシステムの成立には不可欠の要素と考えられます。

CASE研究会第1回例会(2021/03/30)のご案内 (imsjapan.org)

CASE研究会は当分の間、参加費無料で、どなたでも参加できます。

オープンバッジ活用戦略セミナーに参加(2021/02/18、オンライン)に参加

2021年2月18日(木)、財団法人オープンバッジネットワーク主催のオープンバッジ活用戦略セミナーに参加しました。国立大学法人長崎大学・研究開発推進機構FFGアントレプレナーシップセンター・教授・弁理士の上條由紀子先生から、国立大学法人の正規プログラムにおける初めての事例についてお話をうかがいました。

https://www.openbadge.or.jp/seminar-210218