CASE研究会第1回例会に参加・発表(2021/03/30、オンライン)

2021年3月30日(火)10:00-12:30オンラインで開催された、CASE研究会第1回例会に参加し発表をおこないました。IMS CASE (Competencies and Academic Standards Exchange)は学習目標や評価基準(評価ルーブリック)に関する技術標準です。CASEで扱う学習目標や評価基準(ルーブリック)に関する情報は、カリキュラム標準や、シラバス、スキル標準の記載ばかりでなく、学習履歴データ(Caliper Analytics)、デジタルクレデンシャル(Open Badge version 2、Comprehensive Learner Records)、コンテンツ流通(Common Cartridge、LTI Resource Search)などでも必要とされ、わが国の学習デジタルエコシステムの成立には不可欠の要素と考えられます。

CASE研究会第1回例会(2021/03/30)のご案内 (imsjapan.org)

CASE研究会は当分の間、参加費無料で、どなたでも参加できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください