【報告】New Education Expo 18 大阪に参加(2018/06/15、大阪)

2018年6月15日(金)OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)で開催された、New Education Expo 18 大阪に参加しました。午前中は、西尾章治郎先生(大阪大学総長)のご講演「地域に生き世界に伸びる大阪大学の挑戦」を拝聴しました。一時阪大に籍を置いたものとして大変興味深いものでしたが、内容は一大学にとどまらず、日本の(高等)教育の課題を整理され、きたるべき教育のビジョンをしめされ大変参考になりました。午後は2つのセッションで話題提供を行いました。「次世代電子情報基盤に向けたIMS標準の最新動向」では、前の週の東京会場に引き続き、有川節夫先生(放送大学学園理事長)の教育ビジョンをうけたまわったのち、つぎの教育情報基盤はどうなるのか、どのような技術標準が必要か考えました。JMOOC常務理事福原美三先生の主催された「これからのリカレント教育の姿」では、京大飯吉透先生とともに、MOOCの現状と課題について論議させていただきました。ちょうど5年前に同じ会場でMOOCのセッションを開催させていただいており、そのときのPPTも残っていたので、振り返りながら、技術開発の動向もふまえ私見を述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください